季刊 都市政策 特集:都市の就業戦略

都市政策 都市の就業戦略

Add: utakovy73 - Date: 2020-11-21 07:01:55 - Views: 4926 - Clicks: 2332

Webcat Plus: 都市政策, 国立国会図書館雑誌記事索引 (通号:. 1 季刊「NIRA政策研究」 (1985年6月発行) 21世紀への都市戦略を考える -都市政策フォーラム・イン・ひろしま-地域政策研究シリーズ (1985年6月発行) 国際租税法上の諸問題 経済政策研究シリーズ (1985年6月発行). ―ただ、神戸に限らず、海外から日本への直接投資は伸びてはいるものの、まだ高い水準とは言えません。何が課題として考えられるでしょうか。 「それを考えるには、日本企業が海外に投資をする時に、何に着目するのかを考えることが有力なヒントになります。まず重要になるのが、成長可能性です。例えば、安倍内閣は大きな可能性をもっているアフリカへの投資に非常に力を入れています。これについては、神戸としても国の支援を受けながらぜひ進めていきたいと考えています。それから、投資がビジネスとして成功するかどうかのカギはやはり人材です。AIやロボットなどに代表されるように、専門的知識を持つ人材の存在は不可欠であり、リーダーにはコミュニケーション力が求められます。他にも、政治や経済の安定性があり、取引に関する法整備が、海外企業に対しても分かりやすく透明で公平にされているかということも大事です」 「これを日本への投資として考えたときに、人口減少社会の我が国の成長可能性はアフリカと同じではありませんが、高齢化が進む中で、シニア世代の健康市場では十分に成長の可能性があります。神戸市が医療産業都市を展開しているのも、まさにそこに着目したからです。こうした成長可能性をいかに発掘していくかが重要だと考えています。また、人材については、日本の初等・中等教育は国際的にトップクラスにあります。ただ、コミュニケーションについては課題がありますので、できるだけ多言語、特に英語に対応できる人材を育成する必要があります。それから、諸制度の透明性については、我が国では極めて公正で民主的に運営されている一方で、長年にわたる慣行で合理性を欠き、国民に、ましてや外国企業に理解されにくいものになっており、内外を問わない規制改革を進める必要があります」. 都市化のための財源をどう確保するか -課題と対策- 1 劉 尚希※ 1. 第10章 都市の環境政策 1 都市の環境政策の位置づけの変化 2 持続可能性の原理論 3 持続可能な都市の条件:オーバーシュート率=1 4 EF論に基づく名古屋市の都市環境政策 第11章 女性に対する育児と就業の両立支援 1 育児休業の現状と課題. 04~;本タイトル等は最新号による;奥付・背のタイトル: 季刊都市政策;1号 (1975年11月)-;頒布者変遷: 勁草書房 (2号-148号). 移住促進政策の課題は,kpiを設定したことにより,移住者獲得をめぐる競争激化や移住 者の定着失敗につながりかねない懸念があることである。 ─鳥取県鳥取市の事例を踏まえて─. 都市政策 タイトルよみ (titleTranscription) トシ セイサク 並列タイトル (alternative) 季刊都市政策 並列タイトルよみ (alternativeTranscription) キカン トシ セイサク 著者標目 (creator:NDLNA) 神戸都市問題研究所 巻次・年月次 (volumeRange) 1号 (1975年11月)-171号 (年4月).

都市の一側面の力ではなく、総合的な力から生み出されるものであると考え、 世界の主要都市の 「総合力」 を評価し、順位付けした。 Global Power City Index. 都市の文化戦略が問われる時代になりました。 さて,21世紀を迎えた福岡市の文化戦略はいかなるものでしょうか? 福岡市には全国初の経済界・興行界・行政が一体となって演劇興行を行う「博多座」や,アジア近現代美術の専門館である「福岡アジア. 定価: 662円 (602円+税) 著者名:神戸都市問題研究所 出版社:みるめ書房 取り寄せ商品. 季刊 都市政策 年10月 第149号 特集:協働と参画による六甲山を生かした神戸づくり. 2。 「新産業振興はまちづくりと共に−船場デジタルタウン構想−」『大阪の経済』大阪市経済局. (2)就業希望とのすり合わせと情報発信 地方都市では、こうした課題に対処するため、労働 条件の改善に取り組むとともに、地元企業に関する情 報発信、地元の人の意識付けに熱心に取り組んでいる。 若者の希望に合う就業機会といっても、賃金面の大. 現代社会と家計研究の課題:家計経済研究所の31年(小特集) 岩田正美. 神戸 : 神戸都市問題研究所, 1995.

季刊 都市政策 第163号. ―外国企業などに向けた神戸の強みは何でしょう? 「我が国でもっとも早い時期に、海外に門戸を開いて国際交流・貿易の経験や実績を積んできたことです。伝統的なものづくり産業も発達し、海外との交流や提携も進んでいます。また、神戸は震災で港湾が大きな被害を受けましたが、それを機にまったくのゼロからスタートした医療産業都市も着実に成長を遂げています。また、市民性も強みの一つです。神戸市内には24の大学があり、多くの海外研究者が学んでいるなど、国際的な人材が豊富で、歴史的にもさまざまな国籍・文化的背景を持った人たちが一緒に暮らしてきました。開港後に外国人居留地だけでなく、日本人と外国人が一緒に暮らす雑居地がかなり広くとられ、神戸市民の伝統として外国人市民と一緒に地域社会を形成してきました」 ―それでも、都市力を考えると首都圏への人口流出は課題ですよね。 「人口流出をいかに食い止めるかは、都市としての魅力をどう高めていくのかにつきます。神戸が着目すべきは、やはり国際港湾都市としてのアプローチです。海外と直接つながり、さまざまな人材を受け入れて、神戸の発展につなげていく視点が必要です。米国のシード投資ファンド「500 Startups」との提携もその一つです。ここでは、必ずしも神戸で起業して働いていただくことが主目的ではなく、海外からグローバルな人材を呼び込み、神戸をスプリングボードにして世界で活躍してもらうことで、都市の存在価値を高めていきたいです。人材を呼び込み、育て、輩出し、その人材が後に続く人材をまた育成する。そういうシステムができていくことが理想的ですね」. 12月号 特集 都市空間のマネジメント 11月号 特集 オバマ政権-アメリカの都市政策が変わる 10月号 特集 地域産業おこしと農産物「直売所」 9月号 特集 多様化する世界のppp. 『季刊 まちづくり39号』-特集:復興まちづくり3年目の課題-企画・編集:クッド研究所、学芸出版社 編集:八甫谷邦明 See full list on meti-journal. 流通イノベーションが求めるロジスティクス高度化 根本 敏則. 「大阪都市圏の待遇満足度が高い企業ランキング」を紹介!1位に選ばれたのは、キーエンスでした。2位はサントリーホールディングス、3位はp&g.

「4大地方都市の待遇満足度が高い企業ランキング」を紹介!大阪都市圏の1位に選ばれたのは、キーエンスでした。2位はサントリー. 自治体シンクタンクと地域政策形成 山本 匡毅(福岡アジア都市研究所研究主査) 都市との関わりでみた福岡市の就業・従業構造の分析と展望 樗木 武(福岡アジア都市研究所理事長) 梶返恭彦(福岡アジア都市研究所研究主査). 都市政策としての雇用就業戦略 (特集 都市の就業戦略--就業機会の向上にむけた基礎自治体の取組み) 加藤 惠正 都市政策 (136), 4-18, -07. 定価: 680円 (619円+税) 著者名:公益財団法人神戸都市問題研究所 出版社:発行:神戸都市問題研究所 発売:みるめ書房 取扱い:かんぽう. 8月号 特集 地域の自立的発展戦略. もうひとつのシナリオは、農民が都市に移住すれば耕地面積当たりの農業就業者数が減り、農業の大規模化によって農民の所得を引き上げることができるというものである。 「城鎮化」は構想段階 年の都市人口は9. 4- 大きさ: 151p ; 21cm : 出版国: Japan (日本) 別タイトル: 人が寄ってくる都市を目指して : 新野幸次郎 メルマガ巻頭言集||ヒト ガ ヨッテ クル トシ オ メザシテ : ニイノ コウジロウ メルマガ カントウゲンシュウ : 内容注記. 神戸商工会議所の雇用・就業対策 (特集 都市の就業戦略--就業機会の向上にむけた基礎自治体の取組み) 大原 哲誠 都市政策 (136), 34-39, -07.

都市化は経済構造と社会構造の転換を意味し、集中化、組織化、大規模化、公共化、 利便化と人間中心の六つの要素が有機的に統合したものである。中国の都市化には、. 特集『都市計画法50年・100年記念特集号』 「建築系都市計画の観点からの「都市計画法」100年の都市計画史 -学術活動と法制度の創設・改正との関係に着目して」 中島直人、pp14-19 季刊 都市政策 特集:都市の就業戦略 「「アーバニズム・プレイス展」という場の創出」 中島直人、pp88-91. 第136 号 都市の就業戦略 年 7 月 1 日 第135 号 大都市制度.

都市政策バックナンバー 号数 特集テーマ 発行年月日 年度. 生活経営の観点からみる男性の家事行動(小特集) 髙山純子. 神戸市では、エチオピアの元国家公務員であるハサン・ケデュール・エドリスさんが2017年4月からアフリカ神戸リエゾンオフィサーに就任し、アフリカとの経済交流で活躍する。「神戸の企業とともにビジネスミッションとしてルワンダを訪問するなど、同国のICT産業と連携を進めています」と話す。 また、2015年に広報専門官に就任したのは、英国人のルイーズ・デンディさん。国内外に神戸市の市政情報や魅力を発信している。市内在住、在勤、在学の外国人を「KOBE PRアンバサダー」に任命し、それぞれのネットワークで神戸の魅力を発信する事業も立ち上げた。 1年目の2016年度は19名、2017年度は25名を任命。「アンバサダーがSNSを通じて、英語だけでなく母国語でも神戸の魅力を発信することで、彼らの知人・友人が神戸に興味を持って実際に訪れてくれるなど効果が出始めています」とルイーズ・デンディさん。神戸の魅力については「都市のイメージが強いが、都心から近い距離でスイートコーンやイチゴ狩りなどの農業体験もできる。京都や大阪にはない上質感や歴史的なものと近代的なものを併せ持った、神戸ならではの魅力を発信していきたい」と意気込む。 地方行政組織の国際化の取り組みも、地域の、ひいては日本の「内なる国際化」を進める一助となるだろう。. 産業戦略としての創造都市・京都 (特集 産業都市・京都の未来 : 歴史都市の産業政策) 佐々木 雅幸 地域開発年1月. 編集長インタビュー 都市文化と創造性の戦略--大阪府立大学特別教授 橋爪紳也氏 (国と地方の新しいカタチ) 橋爪 紳也, 太下 義之 季刊政策・経営研究, 三菱ufjリサーチ&コンサルティング,, 年01月, 日本語. ―都市間で外資系企業の誘致合戦が激しくなっています。神戸市にとって、外資系企業を誘致することはどういった意味をもつのでしょうか。 「現在はグローバル経済であり、都市がそれぞれの圏域経済を牽引する時代だと思います。なぜなら都市には優れた人材が集まってくるからです。特にアジアパシフィックエリアでは、優れた人材を確保するために大都市がしのぎを削っています。人材が都市を成長させ、都市の成長が国民経済、そしてグローバル経済を成長させています。グローバル社会で活躍できる人材をいかに獲得するかという見地に立てば、外資系企業の誘致は避けて通れません。優れた人材や情報をもち、さまざまなマーケットの動きも熟知している外資系企業は、非常に重要なアクターです。外資系企業を誘致することで、優れた人材が集まり、神戸の経済を成長させることができます」 ―神戸市は昔から外資系企業が多く立地していますね。どういった役割を果たしているのでしょうか。 「神戸市は外資系企業とは緊密な関係を築いています。そこで感じるのは、多くの外資系企業は好奇心が旺盛ということです。神戸という都市や地域に対し、我々が気づかない視点で見てくれています。神戸企業・地域・市民・行政とともに、新しいことにチャレンジしたいと思っている方が外資系企業にはたくさんいて、非常に大きな刺激になっています。人材育成分野では、神戸市の職員を外資系企業に派遣したり、外資系企業の幹部OBに神戸市の人材育成のアドバイザーになってもらったりしています。また、神戸市が展開している医療分野では、神戸市と連携して認知症研究などに取り組んでいる企業もあります。このように、外資系企業の存在が神戸の人材の厚みを増し、神戸の企業・市民・行政を活性化させてくれているのです」. 季刊都市政策(第136号) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ―現在も神戸の医療産業都市は着実に成長していますが、これは神戸の海外展開のひな形となるのでしょうか? 「医療産業都市は震災後にゼロからスタートしました。(立地するポートアイランド第2期は)当時はほとんど更地でしたが、現在では理化学研究所などの研究機関、先端病院群、大学、医療関連企業などが340社を超えて立地しています。そしてこれからは、こうした企業・団体が一緒にいることによるシナジー効果をもっと発揮するために、それらをコーディネートする組織として、4月に『神戸医療産業都市推進機構』を設置します。この組織では、神戸医療産業都市を海外に発信することも大きなミッションであり、海外の医療クラスターとの交流を進め、共同研究やさまざまなビジネスチャンスの拡大につなげていくことができればと思っています。さらに、医療産業都市に着目した医療系ベンチャーが、500 Startupsの仕組みを使って、ビジネスを立ち上げるという動きも広がってほしいですね。神戸という地で、大いにチャレンジしてもらいたいです」 【略歴】 久元喜造(ひさもと・きぞう)1976年東京大学法学部卒、自治省(現・総務省)に入省。年総務省大臣官房審議官、年同自治行政局選挙部長、年同自治行政局長、年同自治大学長兼務、年神戸市副市長、年神戸市長、年10月に再選を果たす。.

起業する台湾の若者と社会的な価値への志向(一般論文) 久木元真吾・佐藤美奈子 『季刊家計経済研究』終刊のお知らせ. 2。 「特集:都市の産業と環境−IT系新産業とまちの環境の同時整備戦略−未来都市の展望−」『tomorrow』第55号(あまがさき未来協会)、. 特集:モノの流れから都市を見る 【モノの流れの理解】 日本における都市物流政策の変遷と将来 苦瀬 博仁. 季刊 都市政策 第166号(社会・時事・政治・行政)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 政策情報かわさき 第15号 平成15()年12月1日 税込み630円 特集 市民生活から見たまちの姿 ~首都圏に位置する川崎のまちづくりと総合計画~. 季刊都市政策(第74号) - 特集:都市の就業戦略 神戸都市問題研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

【特集 人口減少下の都市・地域の再生】 「特集人口減少下の都市・地域の再生」について 年04月25日 調査部 わが国の総人口は、年におよそ1億2,800万人に達して以降、ほぼ横ばいを維持してきたが、今後は徐々に減少に転じていく。.

季刊 都市政策 特集:都市の就業戦略

email: rutomi@gmail.com - phone:(579) 816-8844 x 8516

こうしてボクらはオーナーになった - Lightnin - 漫画家しながらツアーナースしています

-> 出題傾向がみえる 必修問題 2019 - 守本とも子
-> スター・ウォーズ暗黒卿の復活 - ケヴィン・J.アンダソン

季刊 都市政策 特集:都市の就業戦略 - 笠井寛司 前戯の技術


Sitemap 1

東京事変/娯楽-バラエティ- - 小林弘利 冬を旅するマイ フレンド